type500x136.gifsymbol302x300.gif 地元横浜の漁師さん、農家さんとつくる、手造りさつま揚げ専門店                       今井かまぼこの公式ホームページ

◎さつま揚げから、笑顔を。


木々の移ろいを愉しむように
日々、変わっていく空の色を感じるように
春、夏、秋、冬。
四季を映す「さつま揚げ』を造りたい。



私達のつくるさつま揚げは魚だけではなく、
大地の恵みである「野菜」も主役です。
地球の比率、海7:陸3。
理想ですが、そんなバランスのさつま揚げを造りたい。

DSC_5266.JPG


そして皆様に届いたさつま揚げがふっ、と笑顔に変わるように。
たまたま買ったさつま揚げが何気ない時間をすこしだけ明るくするように。


さつま揚げができることって、たくさん、あると思うんです。





◎日本さつま揚げ食べ歩きの旅。
そこから生まれた、理想のさつま揚げ。




今井かまぼこは、どんなさつま揚げを造りたいのか。
その答えが見つかるというアテもないまま、
2007年6月
三代目は横浜から沖縄まで各地の「練り物食べ歩きの旅」に出ました。



RIMG1108.JPGRIMG1111.JPGRIMG1127.JPG
RIMG1228.JPGRIMG1186.JPG
1日3食、ひたすらさつま揚げを食べる旅(笑)



そこで、得たもの。
それは「どのさつま揚げを食べても同じ」
と感じた事。



自分たちにしか、つくれないさつま揚げを造ろう。
自分たちの思いを、練り物を通して、伝えよう。
何より「さつま揚げから、笑顔を」生み出したい。

DSC_5578.JPG






◎料理としてのさつま揚げ造り


まず、練り物造りで一番大切なこと。
それは原料となる、魚の仕入れ。

私たちは3つの仕入れ先を柱にしております。
一つは、築地から仕入れる北海道の新鮮なスケソウダラ•ホッケ
一つは、あまりに高級すぎてさつま揚げに使う店は皆無の
最上質のイトヨリダイのすり身

そして
最後の一つが、さつま揚げの旅から出た答えとなる
地元横浜小柴漁港からの捕れたての魚たち。

イシモチ•アジ•スズキ•コノシロ等
うまみ抜群の鮮魚達です。

DSC_5210.JPGDSC_5203.JPGDSC_5216.JPG


本来あったはずの日本各地の魚食文化。
時代とともに、効率化や乱獲が続き
薄れていった、地元の素材を楽しむという豊かさ。


もう一度
日本の伝統食文化である練り物造りを見直そう。
それが新しい練り物造りへと繋がるはず。





◎なつかしくて、新しい。
ワクワクして、ほっとする。
そんなさつま揚げがいい。


漁師さんが命懸けで捕って下さった魚たち。

ここから先人の知恵の結晶である採肉、水晒し、擂潰、
という昔ながらの手仕事を
初代今井徳二が続けてきたよう、
一つ一つ丁寧に経て

さつま揚げになる前の段階
「すり身」をつくります。


DSC_4439.JPG



そして、この身をさらに美味しく、
楽しく召し上がって頂くために

旬の活き活きとした野菜達と
すり身を出会わせます。




料理としてのさつま揚げを造るためには
非効率でもひとつひとつ手仕事を
大切にすること。
IMG_5082.JPG

成形する際もほとんど機械を使いません。


なので、同じ種類のさつま揚げであっても
それぞれ微妙に形は異なります。


自然にできた表面の凹凸は
おでんにした時、汁がよくからむ
という効果も生みます。

DSC_5822.JPG


何より、作り手の想いが
さつま揚げの表情となって
出ているように思います。



「シンプルに、ゆっくりでいい。素材の声に耳を傾けます。」






IMG_5156.JPG

今井かまぼこは、横浜市西区にある昔ながらの商店街、「藤棚一番街」に店を構えています。




IMG_4881.JPG

店頭には、常時約30種類の様々なさつま揚げが並んでいます。




所在地・地図記事

電車でお越しの方へ

相鉄線 西横浜駅より徒歩10分。

西横浜駅改札を出て左側にある国道1号線に出る。向かいあるガソリンスタンドと日産営業所の間にある道路(水道道)を直進。
右手に交番のある交差点を渡り、藤棚1番街を進む。100m程、進んだ右手に当店があります。

住所

神奈川県横浜市西区中央2−5−13

営業時間

定休日 : 毎週日曜日
営業時間 : 10:00〜19:00
電話 & FAX : 045-321-7876

IMG_5057.JPG